【農家直送】米をもっと美味しくする方法とは?

冷めた米もおいしく食べるための一工夫

丁寧に美味しく炊き上げたごはんを雑に扱っては意味がなく、美味しい食べ方には炊き上がった後の保存にもコツがあります。まずは、おひつでの保存ですが、杉などの木でできたおひつは余分な水分を吸ってくれるので、ますますふっくらした米になります。ほぐした後におひつに移せば、一味ちがってくるものです。また、炊飯器でそのまま保存するなら、内釜はかなり熱くなっているので、ごはん焼けを防ぐために、ほぐした後は、なるべく内釜の壁から離し、真ん中に寄せるようにします。そして、明日食べるからと冷蔵庫に入れておくと硬くなってしまいますので明日でも冷凍庫保存が必須です。冷凍するときは、風味の落ちないうちにアツアツのごはんをラップの上に一食分のせ、できるだけ薄く包みます。さらに上からアルミホイルで包み、その耐熱性を利用してアツアツのまま包みます。まったく冷ますことなく冷凍庫へ入れても、アルミホイルのおかげでほかの食材に影響を与えることはなく、出来立ての美味しさをそのまま包むことが可能です。

炊きあがったご飯は天地返しに

炊きあがったごはんの美味しい食べ方のポイントは、まず炊きあがった米を十分に蒸した後は、米粒をつぶさないようにしゃもじを十字に入れて天地返しをしてほぐすことです。この手順を行わないと、炊飯器の中で水蒸気が水滴となって滴り、米がべちょべちょになってしまいます。炊飯量が多い時などは、下部の米がつぶれてしまい、そうした米でたとえばおむすびを作ると、出来そこないの餅のようになってしまうので注意が必要です。天地返しをするだけでも余分な水蒸気が飛んでくれますが、可能であれば濡れ布巾で拭いた木製のおひつに移すと米粒の余分な水分をおひつが吸ってくれます。土鍋で炊いた時は、しゃもじを底まで入れず、底からわずかに浮かせて天地返しをします。おこげはアツアツで食べるときや、冷めてもおせんべいのような感覚で食べるときにはいいですが、おむすびにする際には食感が悪くなるので、おこげをすくわないようにします。

炊き方で変わる!美味しい米の食べ方

米の美味しい食べ方は、炊き方一つで大きく変化します。
米を洗うのは、素早く洗うのが良いです。最初はたっぷりのお水で数回混ぜるように洗い、水を2回から3回取り替えながら素早く洗います。米の表面についているぬかが取れれば大丈夫です。
実際に炊飯する前には、米に水を十分に吸収させましょう。夏であれば30分程度、冬の場合は2時間程度水に浸けておくと炊き上がりが美味しくなります。もし、急ぐ時には40度から50度のぬるま湯に15分から20分程度浸けておくと良いです。その後で、炊飯します。
炊飯器で炊き上がった後は、しっかり蒸らすことが大切です。炊飯が終わったら、蓋を開けずに10分から15分ほど置いておきましょう。十分に蒸らすと、ご飯全体の水っぽさがなくなります。蒸らしが終わったら、可能な限りご飯をかき混ぜてほぐします。

米,農家直送